2015年07月21日

[iPad][特別支援教育][無料]iPadの実践研究をまとめた電子書籍『海と朝日とiPad』が発刊されました。



電子書籍「海と朝日とiPad」発刊 : iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる



ブログ「iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる」の中から、2013・2014年度の記事を中心にまとめられたようです。

バブーのページで確認することができます。
PDFでのダウンロードも可能です。

電子書籍=Kindleではないので、Kindleを持っていない方も読む事が出来ます。


写真が豊富に掲載されていて、実践を進めていく上での参考になります。

他にもこのブログでのまとめ記事が電子書籍になっています。



バブーを使っての電子書籍を作るというのは、ありかもしれないですね。
・Kindleを使っている訳ではない。(自分の身の回りではアプリをダウンロードをしている人がいません。)
・PDFで公開が可能であるため、パソコンでも閲覧が可能。


個人で出版することを考えると、広く読まれる方法なのかもしれません。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ipad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

[iPad][特別支援教育]音楽の授業で歌詞を確認する方法としてiPadを使いました。



これは去年やった取り組みです。
まだパワーポイントがアプリとして出ていなかった頃の話です。

内容としては今でも使えるかなと思いますので紹介いたします。

音楽の授業で歌詞を模造紙に書いて、それを見ながら歌うというのはよく取り組まれていることです。

遠くの文字を見ることが難しい場合には、やっぱり手元で確認できるようにしておきたいです。

やり方

1 パソコンのパワーポイントで歌詞のスライドを作成します。
2 メールでiPadに送信します
3 iPadでメールの添付ファイルを開きます。

一度iPadで開いた添付ファイルはオフライン時でも確認できます。
メールの添付ファイルを開いたプレビューの状態ではPDFで開くような形で、下にスクロールすることで歌詞を確認することができます。

パワーポイントやkeynoteの場合は一度クリックしなくてはなりません。何度もクリックして先のページを開く可能性があります。
スクロールであれば、上下の操作だけですみますので、すぐに戻ることができます。

歌詞を見るということにねらいをおくならば、上下スクロールの方が手間もかからず操作も分かりやすいと考えられます。

はじめからPDFで保存すればいいのでは?
別のアプリを使えばいいのでは?

と思われる方もいるはずです。
できるだけ既存のものを使う方が初めて使う人にとっては取り入れやすいと思いましたので、この方法を紹介いたしました。

これはパソコンで作ったパワーポイントをメールアプリを介して一度読み込ませておくことで、上下スクロールの操作でできるという方法です。
音楽の歌詞にかかわらず、子どもが使うなどの場合は使える方法だと思います。


Microsoft PowerPoint
カテゴリ: 仕事効率化



ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ipad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

[iPad][特別支援教育]ドロップのシンボルを作ることができるアプリ『ドロップキット「つくるんです」』



ドロップキット「つくるんです。」
カテゴリ: 教育, ユーティリティ



ドロップシンボルは特別支援教育の中でも取り上げられることの多いシンボルです。

このアプリはシンボル同士を組み合わせて1つのシンボルを作ることができるというすぐれたアプリです。

写真アプリからの読み込みも可能なので、ネットで見つけた画像を組み合わせることができます。

試しに作ってみました。

写真

タブレットで使うことはなかったですが、「高校生」というイメージを伝える時に2つの画像を並べて提示することがありました。

毎回トリミングしていたので、これは便利になりました。


こんな使い方もできるかも


・写真を取り込めることから、授業の様子を撮影した写真とドロップスシンボルを組み合わせる。

→パターン1 Drop TalkHDのシンボルとして登録

→パターン2 日記アプリの画像として記録する。写真と感情シンボルの組み合わせ




ドロップキット「つくるんです。」
カテゴリ: 教育, ユーティリティ




お道具箱アプリ サポートページ https://www.facebook.com/specialeducationapps

DropTalk HD
カテゴリ: 教育



ドロップ シンボルメーカー「おくるんです。」
カテゴリ: 教育, ユーティリティ








関連記事
[iPad]ドロップ シンボルメーカー「おくるんです。」を使ってドロップスシンボルを活用する。: pmastyle




[特別支援教育]dropsのダウンロードが増えていた。: pmastyle



[特別支援教育]dropsのシンボルを使っている方は必見!wordのアドイン「ワード DE ドロップス Ver 1.0」が公開されました。: pmastyle












ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ipad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

[iPad]ドロップ シンボルメーカー「おくるんです。」を使ってドロップスシンボルを活用する。



ドロップ シンボルメーカー「おくるんです。」
カテゴリ: 教育, ユーティリティ



ドロップシンボルが自由にカスタマイズできるという点で注目のアプリです。

これまではアプリ単体に収録されていて他のアプリに使えなかった。
アプリによってはdropシンボルを使うために自分でitunesを介して登録しなければいけなかった。

こうした問題を解決してくれるアプリです。

写真アプリに保存することができるため、使い道が広がりそうです。

このアプリを知った時に自分が思いついたのは、DroptalkHDの活用です。
DroptalkHDではすでにシンボルは登録されています。
しかし、名称や音声をカスタマイズすることに抵抗があったため、ドロップレットプロジェクトのホームページから画像を探してダウンロードして追加して対応していました。

このアプリを使えば写真アプリに保存し、気兼ねなく使うことができます。



●特長
・タイトルをつけたシンボルを、写真アプリに保存することができます。
・キャンパスに表示されたシンボルをコピーして、KeynoteやPagesなどクリップボードに対応したアプリに貼り付けることができます。
・キャンパスに表示された画像を、メールやFacebook、Twitter、LINE、AirDropなどで、他の人やSNS、他のiPadやiPhoneなどに送ることができます。
・シンボルに、タイトルをつけることができます。
・タイトルの位置や、シンボルの位置を変更することができます。
・1300以上のドロップスシンボルが、6つのカテゴリに分けてアプリに入っています。

●使い方
1、シンボルのリストから、キャンパス(背景が薄い青色の部分)に表示したいシンボルをタップしてください。
2、他のカテゴリのシンボルを選択したい場合は、リストの左側のメニューをタップしてください。
3、キャンパスに表示されたシンボルの位置を変更したい場合は、表示されたシンボルをドラッグしてください。
4、その際、キャンパスからはみ出た部分は、保存や共有などをした場合、カットされます。
5、タイトルの位置を変更したい場合は、タイトルをドラッグしてください。
タイトルを画像として保存したくない場合は、キャンパスの外にタイトルを移動してください。
6、タイトルの文字を変更したい場合は、文字の部分をダブルタップしてください。元のタイトルを削除してから、新たなタイトルを入力してください。

7、画面下のツールバー左から
a.共有ボタン
 AirDrop・メール・Twitter・Facebookでシンボルを共有できます。
※メール・Twitter・Facebookの場合は、キャンパスの画像だけでなく、タイトルの文字もテキストとして送ることができます。
b.コピー
キャンパスに表示された画像をクリップボードに貼り付けます。
※なお、他のアプリに貼り付けた時、画像が回転している場合があります。その際は、アプリで画像を回転してやるか、写真アプリで保存した画像を利用してください。
c.LINEで送る
LINEでキャンパスに表示された画像を送ります。
d.シンボルを保存
キャンパスの画像を写真アプリに保存します。

via:https://itunes.apple.com/jp/app/doroppu-shinborumeka-okurundesu/id972437930?mt=8


DropTalk HD
カテゴリ: 教育



ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ipad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

[iPad][特別支援教育][無料]2つの画像を提示して見通しをもたせるアプリ「はじめ、つぎは 視覚支援シンプル・スケジュール」



はじめ、つぎは:視覚支援シンプル・スケジュール
カテゴリ: 教育, メディカル



無料で使える視覚支援アプリです。

左右に1枚ずつ画像を提示することができます。
左の活動が終わったら右に示されている画像の活動があることを示しています。

「〇〇やったら□□やろうね」といった言葉かけでは次の活動への見通しがもてない段階の子どもに対しての支援として有効だと思われます。

登録数に制限があるわけではなさそうなのです。



アプリ紹介のページでは、Dropsが使われていますが、これは自分で登録する必要があります。
Drops以外のシンボルの登録については下記のページで紹介しています。
「写真」アプリからの読み込みが可能なので、自分で撮影した写真や教材の写真を使っての登録が可能です。

お道具箱・iOSアプリ サポートページ https://www.facebook.com/specialeducationapps


無料ということもあり、試してみる価値はありそうです。


関連記事
[iPad]コミュニケーション・スケジュール作成アプリのDropTalkHDが3000円のところ2500円: pmastyle








ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ipad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。