2019年02月05日

[特別支援教育]数学でアンケートの学習をする時に,excelとwordを使って集計しやすくする方法



新学習指導要領の数学では,データの活用という項目が追加されました。
データの活用をする実践の際に,アンケートを使った実践が考えられます。

アンケートの集計というのは,いろいろな質問が一つにまとまっているから,どこをみればよいのかわからなくなることがあります。

これをなんとかできないかなと思っていました。
そういえば,excelとwordって差し込み印刷が可能だったなということを思い出しました。

住所録のデータをラベルにすることも可能だと。

だとすれば,取り上げたい質問項目をピックアップして,カード化することもできるんじゃないのか?

そんな風に考えてやってみました。

01.jpg

テストなので簡単なものを作ってみました。excelで集計表を完成してからになります。

02.jpg

excelが終わったら,wordを開いてやってみます。


03.jpg

実際にラベルを印刷するわけではないので,ここでは,適当に選びます。


04.jpg

既存のリストから作成したexcelファイルをクリックしてください。

05.jpg

excelファイルを選択した後に,該当のシートを選択します。

06.jpg

差し込みフィールドを選択して,取り上げたい項目を選んで配置します。


07.jpg

1つ作成すれば,後はコピペです。

08.jpg

結果のプレビューで確認できます。

09.jpg

このまま印刷すると線がないので,点線箇所に罫線をつけておくと切りやすいです。




以上が手順になります。

なぜ,こんなに面倒なことをするのかというと,必要な項目だけをピックアップして集計しやすくすることができます。
このカード化によって情報が焦点化されます。

たとえば,性別とQ4で「はい」「いいえ」の項目の関連性を調べたい時とか。
全体でみると,「はい」が多いけど,男性の「はい」「いいえ」と女性の「はい」「いいえ」に分けて集計し直すと結果が異なるかもしれません。

これって数学的な見方・考え方になるのでは?と思っています。

これから授業でためしてみたいと思います。

自分の備忘録としてまとめておきました。
もし参考になれば幸いです。












ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 20:19 | Comment(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。