2016年01月10日

[パソコン関係]iMac2009EARLYにMacOS El Captain をインストールしたら重くなったのでメモリを交換してみた。



MacOSのアップデートはするつもりはなかったのですが、どうしても入れてみたいソフトがあったので、アップデートしてみました。

欲しいソフトがMacOS10.10以上なければならないらしく、自分が使っていたものは、10.9.5でアップデートせざるを得ない状況でした。

Mavericksからのアップデートなので、画面がフラットデザインになっていることに驚きました。それよりも今まで以上にパソコンの動作が重くなり、一時的にフリーズすることが増えてしまいました。

何か一つの操作を行うたびに、再起動しなければいけない状況になり、これは余計なことをしてしまったと後悔しています。

どうやらメモリが不足しているからなのではないかと思い、検索してみるとサポートページがありました。

iMac にメモリを取り付ける - Apple サポート



またこちらのページでは写真付きで手順を紹介しています。

iMac 24-inch Early 2009のメモリを増設しました。 | Last Day. jp http://www.lastday.jp/2012/04/05/imac-24-inch-early-2009-memory

自分の使っているパソコンではメモリを8GBまでしかあげることができないようです。1066 MHz DDR3 SDRAMという種類のものでなければならないようです。上記の記事に紹介されているメモリはなかったので同様のものとしてこちらを注文しました。




こんな感じのものです。

20160108222846

上記のアップルの記事に交換の方法については書かれていますが、ところどころ写真を撮っておきましたので紹介します。こちらはパソコンの電源を落としひっくり返してプラスドライバーで開けているところです。

20160108223101

中を開けると2枚のメモリが入っていることが分かります。それにしても埃まみれで汚いです。黒いタブを引っ張ると取り出すことができます。

20160108223138

取り出したて入れ替えているところです。

20160108223401

取り出す前の画像をスクショしておかなかったので、分かりつらいと思いますが、メモリのところが8GBになりました。

メモリ

これがこのiMacのメモリの最高スペックです。メモリの増設って難しそうと思ったけれどもやってみると手順も簡単で10分かからずにできました。このiMacを使っている人は既にいないかもしれませんが、参考になればと思います。

まだ、これが早いのかどうかは実感として分かりません。以前よりは良くなりました。なんとなくもたつきがなくなったような感じがします。






ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。