2016年01月08日

[読書] 萩原涼介(2015)『読みやすい文章を書くための技法』kindle



本書はkindleでの発売の本で、読みやすい文章の書き方の技法について簡潔にまとめられています。もともとはブログ記事だったようです。それを元に内容を修正し出版に至ったようです。

『読みやすい文章を書くための技法』を電子書籍で出版 - #RyoAnnaBlog http://ryoanna.hatenablog.com/entry/2015/12/31/071759

<目次>
第一章 読みやすい文章を書くための技法
常体と敬体、始まりは短く、PREP法、言葉を削ぐ、順序を入れ替える、同意語の工夫、接続語は適度に、ひらがな・カタカナ・漢字の選択、句読点の挿入
第二章 心に残る文章を書くための技法
マイナス・プラス法、説得技法、肯定表現、史的現在、隠喩法、体言止め、擬人法、省略法、列挙法、倒置法


例文を使いながら、どのように修正するのかについても書かれており、分かりやすいです。
文章量も多くないので、スキマ時間に読みきることができるので、技法ごとにジャンプできるので確認することができるのも一つの特徴となっています。

文章を書く力は生まれつきのものではない。努力する事により読みやすい文章を書けると信じたい。読み手を意識し推敲を重ねれば、おのずと綺麗な文章になるはずだ。


読み手を意識し、推敲する。これはとても大切なメッセージだと思います。技法を踏まえた上で、誰に伝えたいのか、どのような表現をすることで、読み手に伝わりやすくなるかをじっくり推敲して文章を書くということと向き合わなければいけないと改めて感じました。

ブログ記事にある価値を新たに提供することができるのが電子書籍の利点だと思います。




ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。