2014年10月15日

[読書]岩永竜一郎(2014)『自閉症スペクトラムの子どもの感覚・運動の問題への対処法』東京書籍





本書は,2010年の『自閉症スペクトラムの子どもへの感覚・運動アプローチ入門』の内容に新たな情報を加えた全面改訂増補版である。

自閉症スペクトラムの子どもに感覚統合療法を行うことで,感覚面・運動麺にアプローチするもので,具体的な事例を交え,特徴別に支援の留意点,教材,支援方法がまとめられて分かりやすく書かれている。


目次が詳細に書かれているため,目的別に,自分の困っていることと照らし合わせて読むことができる。

アセスメント試案が紹介されており,どのような点につまずきがあるかを簡易にチェックすることができる。
これをコピーしてチェックしてみるところから始めてみるのもよいだろう。

当事者の手記や調査研究を引用しながら,当事者がどのように感じているかを最新の研究をふまえて紹介している。
当事者の手記を読んだことがない人もいると思います。他の文献でもよく取り上げられますが,「雨が痛い」と感じるそうです。

感覚が過敏に働くのです。そうした過敏性も支援を行う上で留意しておかないといけません。

本書にも引用されている無料で読める論文がこちらです。
興味がある方はどうぞ!

高橋智・増渕美穂(2008)「アスペルガー症候群・高機能自閉症における「感覚過敏・鈍麻」の実態と支援に関する研究 本人へのニーズ調査から」『東京学芸大学紀要 総合教育科学系 』Vol.59 p.287 -310
https://ir.u-gakugei.ac.jp/handle/2309/89177

山下揺介・田部絢子・石川衣紀・上好功・至田精一・高橋智(2010)「発達障害の本人調査からみた発達障害者が有するスポーツの困難・ニーズ」『東京学芸大学紀要総合教育科学系 』Vol.61 no.1 p.319 -357
http://ir.u-gakugei.ac.jp/handle/2309/107277

高橋智・石川衣紀・田部絢子(2011)「本人調査からみた発達障害者の「身体症状(身体の不調・不具合)」の検討」『東京学芸大学紀要 総合教育科学系 』Vol.62 no.2 p.73 -107
https://ir.u-gakugei.ac.jp/handle/2309/108109



子どもが示す問題をすべて感覚統合理論で解釈しようとすると必ず間違いが起こりますので,問題を整理し感覚統合理論以外の視点に基づく指導や支援が必要なものを見出すことも解釈の中での重要なプロセスだと思います。P95


感覚統合理論が万能な方法論ではないことを指摘しています。他の支援方法や関係機関との連携など多角的な視点で解釈しとらえて支援に結びつけていけると良いのではと思う。









ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ

RSSリーダーで購読する













ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆おはようございます。岩永先生昨日は講演会お疲れました。
昨日、最後のほうに発言をさせていただいた発達障害者当事者の
三田と申します(活動名)です。
昨日は、勉強になり、なおかつプロの皆さんは凄いなあと思いました。
本当に緊張してお見苦しい発言で申し訳ありませんでした。
四月に、ペパーミントと言う自助会を立ち上げましたが、熟年の上
パソコン音痴も手伝い、四苦はくしていますが・・・・。
会の理念の中に、発達障害者の母親の子育てに焦点を当てるというのは
子育てが人間にとって一番大切な仕事であると確信しているからです。
私の場合は一人目はそこそこ上手く行きましたが、お母さん同士(大変でした)
の人間関係、PTAなど親戚関係も手伝い上手く行きませんでした。
優先順位がヅレてしまったり、両立できませんでした。
私は年齢的に子育てが終わりましたが、子供たちにもっと力をつけてあげたかった
今後の若いお母さんたちにどのような支援が必要か?
何で子育てが上手く行かないか?アンケートも必要です。
私のようなオールドママにも体験談を話していただきたいと思います。
若いお母さんには、後悔の少ない子育てライフを送って頂きたいと思います。
また、発達障害者も千差万別で、私の知っている人の中には、
物凄くしっかりされている人も結構いらっしゃいます。
私は時々メルアドを間違えるので、私のブログは
naraペパーミントさろんでも検索できますよ。
では、先生のご活躍を心からお祈り申し上げます。
Posted by 三田えりか(HN3ママ) at 2014年12月07日 09:10
コメントありがとうございます。
すみませんが、こちらのブログは岩永先生のブログではありません。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by pmastyle at 2014年12月07日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。