2013年09月04日

[特別支援教育]時計学習のワークシート 学校生活編

数学で時計の学習に取り組もうと考えています。

単位変換ができることを想定してどのように生活に関連すればよいか考えてみたところ、学校で生活していることを生かそうとすると、一番はじめに思い浮かんだのが時間割でした。

例えば、国語は
○時□分〜△時□分ということは分かっていてそれが何分なのかは分かっている想定です。

実際に生活していて、どの曜日にどの教科があるのかは分かっていても、どれくらい勉強しているのかは把握していないのでは思い、時計の学習の導入に使おうと考えました。


比較的軽度の生徒の数学って課題はたくさんあるものの参考になるものがあまり見つからないのですよね。。。

まだ、実際に試していないところではありますが、参考になればと思い、アップロードしておきます。


school lifetime.pdf






ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ

RSSリーダーで購読する









リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム



タグ:教材

ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック