2019年03月01日

[読書]上野千鶴子(2018)『情報生産者になる』筑摩書房



情報生産者というタイトルが気になって読みました。
著者は元東京大学の教授の上野千鶴子さんです。

本書は,情報消費者から情報生産者になるために,社会学をベースにした研究の手続きについて具体例を交えながら解説する本です。
社会学研究の入門書という位置付けになります。

梅棹さんの知的生産の技術や川喜田さんのKJ法についても触れられています。


問いについて


問いを立てるには、センスとスキルが入ります。スキルは磨いて伸ばすことができますが、センスはそういうわけにはいきません。センスには現実に対してどういう距離や態度を持っているかという生き方があらわれます。
pp.17

問いとはつねに主観的なものです。それは「わたしの問い」であって、「あなたの問い」では無いからです。「わたしの問いは私にしか解くことができない、なぜならわたしはわたしの専門家だから」というのが「当事者研究」の出発点でした。
主観的な問いに、経験的な根拠を示して、有無を言わせぬ結論に導く・・・のが、経験研究と言うものです。そしてその「問いの出発点はつねに「わたし」からなのです。
pp.104


問いは,明らかにしたい事柄を指します。
何をどのように明らかにしたいのか?実現可能か?などを考えなければいけません。

問いは自分の中にあり,それをつきつめていく作業であること。
問いとセンスを結びつけるというのがなるほどと思いました。

自分にしか明らかにできないもの,自分だから明らかにできるもの,自分が明らかにしたいもの,そしてそれは主観的につきつめていく作業。

自分にスキルがあるとは思いませんが,圧倒的に足りないのはセンスであるということは,研究ではないですが,日々実感するところでもあります。

質的研究



社会学が取り組んできた質的研究の方法について具体的に描かれています。

情報の再文脈化とは、情報の集合のあいだにある、当事者も気づかないような隠れた「構造」を発見する作業でもあります。そしてその構造を時間軸に沿って物語る・ ・ ・ことを「説明」とか「解釈」と呼ぶのです。なぜならそこでは、話者でもなく聞き、とって「理解可能」な形で、情報が加工されているからです。
pp.206


教育分野でも質的研究についての研究が取り組まれてきています。
インタビューで得られた成果を再文脈化し,新たな構造を見つける。
それは量的研究では明らかにできないものであり,価値があるものだと思います。

おわりに


タイトルからは想像できない研究入門書的な本です。社会学の研究の進め方について,勉強になりました。










ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly facebookページはこちらです。
posted by pmastyle at 19:43 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。