2017年03月22日

[特別支援教育]校内LANを活用の際には,相手に分かりやすく保存場所を伝える。




先日、校内LANの自分の使い方として記事にまとめました。

[特別支援教育]校内LANに資料を保存する。: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/447380226.html

保存場所を分かるように伝える。



会議では、「サーバー(校内LAN)にアクセスして下さい」「サーバー(校内LAN)に入れておいて下さい」などのアナウンスをされることが多いです。


アナウンスを聞いて、アクセスしてみると、どこにデータがあるのかがまったく分からない場合が多いです。実際には、データがないこともあります。

データを探すことに時間がかかるのは、とてももったいないことです。

aフォルダ → bフォルダ →cにアクセスするなど、階層を口頭で伝えたり、何かに書いて掲示したりすることで探す時間が省けます。

ちょっとした手間で、時間が変わってきますので、保存場所・アクセスする場所を他者に分かりやすく伝えることは大事なことだと思っています。





ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

[特別支援教育]絵本『ママがおばけになっちゃった』の授業時に使用したワークシート(PDF ワークシート) 



[特別支援教育] のぶみさんの絵本「ママがおばけになっちゃった」を国語で取り上げてみる。もしかしたら道徳につなげられるかもしれない。: pmastyle

http://pmastyle.seesaa.net/article/433578777.html

国語の授業として取り組んでみました。

絵本をスキャンしてパワーポイントに貼り付けて,スクリーンに表示しながら読み聞かせたり,拾い読みしたりして物語の世界に入りました。

作者が読み聞かせをしている動画もみました。
山田玲司のヤングサンデーで読み聞かせをしている動画を見せたのですが,今は消されてしまってありません。
似たような動画がありましたので貼り付けておきます。



ワークシートを作ってみて,これって道徳かも?と思いながら取り組んでみました。

内容的には難しいかもしれません。参考になればと思います。

ワークシート1.pdf

ワークシート2.pdf

ワークシート3.pdf

この絵本は深くていい話です。ぜひ,読んでほしいです。

こんな動画もあります。












ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

[読書][特別支援教育]山之内幹(2014)『特別支援教育における教育実践の研究ー指導記録の書き方と生かし方』批評社



本書は,常日頃からの指導記録をもとに,30年間の教員生活で取り組んできた教育実践を紹介し,教育実践研究のあり方について解説している本である。

目次は次のようになっている。

目次
第1章 指導記録の書き方と生かし方
第2章 重度重複障害児の寝返り指導
第3章 場面かん黙児の変容
第4章 「聞こえにくいこと」について―聾教育の現場から
第5章 聾学校における授業(自己)評価項目の作成
第6章 聾児へのペープサートによる生活指導の一試み
第7章 重度重複障害児の自発行動を促す支援―手作り遊具を通して
第8章 音を楽しむフリーハンドベルの製作
第9章 障害児と健常児が共に楽しむボードベースボール
第10章 特別支援教育における教育実践の研究



質的研究



例えば、書き方の工夫として会話文は「」、その時思ったことは()、記述の時点で気付いた留意点等は※印を付して表記する。また対象児の障害特性に応じた書き方も必要になる。
P14

筆者は、常にポケットにメモ帳と3色ボールペンを入れ、なるべく出来事が生じたその直後にメモを取り、放課後等に指導記録として整理した。このことにより実践→メモ帳、メモ帳→指導記録と、実践の振り返りが2回できた。また3色ボールペンを使用したのは、その場で誤記を青色で直したり、赤色で重要な箇所を囲ったりするためである。
P15

事例研究は指導記録に記述されている教師と児童生徒との関わりを整理・統合し、より的確な実態把握やよりよい指導内容や方法を案出するために行われる。指導記録に記述された技術によって何を語らしめるか、事例研究の良否はテキストデータの整理と分析の方法にかかってくる。
P19

筆者は一貫して日々の教師と障害児の具体的な関わりを記述した自身の指導記録をデータとして研究してきた。というのは指導者である教師が子どもに何を感じ、どうかかわり、子どもが教師の働きかけにどう応えてきたか、ということに問題があり、そこを振り返ることなくして実践の反省はありえないし、新たな指導法も生まれないからである。
P147

筆者が行ってきた主な研究方法は指導記録の中に繰り返し現れる事象(ドメイン)を分類・整理(カテゴリー化)し、カテゴリー間の関係を類推することによって、ある現象が生成される原理を考察するという方法だった。事象の抽出には、長期的な指導記録であればカードを持ち、短期的な指導記録であれば付箋紙を用いた。カテゴリー化はKJ法で行った。
P147


タイトルからは分かりにくいが,これは指導記録を質的なデータとして捉え直した教育実践論でもある。

著者がどのように記録をとり,どのように分析してきたのかが描かれており,具体的な事例研究として提示することにより,読者にもわかりやすく伝わる実践記録となっている。

行動分析的な手法が主流になっている今の教育現場においては質的研究の手法を取り入れた分析手法の提示は,大変参考になる。


失敗の記録



書物によって情報を得ることも大事だが(かく言う私もこうして本を書いているが)、やはり実体験に学ぶことが大きい。私たち教師にとっての一番の教師は実体験と障害を持つ子どもとその保護者なのだ。
P73

大切なことは望ましい行動を教えるのではなく、望ましい行動を生徒に考えてもらい、判断することができるようにさせることである。そのためには、教師の発問の仕方にもっと工夫が必要である。また第三者の考えや見方をするためにも生徒同士の会話も採り入れるべきであっただろう。
P102



取り上げている事例については古いものも含まれている。当時のことを振り返って章の最後に分析して捉え直している。コラムの中でも失敗について語っている。

なかなか失敗したことを記録として残すことには抵抗があるかもしれない。

しかし,失敗したからこそ,著者の中にも印象強く残っており,現在につながる指針となっているのだろう。
反省的実践家として参考にすべき点が多い。


コラム



保護者とのやりとり,恩師とのメールのやりとり,などちょっとした話題が掲載されているが,一番印象に残ったのは,谷川健一『孤島文化論』潮出版社1972年の引用文である。

民俗学の本を取り上げ、地域の中で知的障害をもつ子(引用の中では、精薄)が通常小学校で過ごしていることを紹介している。

地域性もあって,障害のあるなしにかかわらず一緒に過ごしていたエピソードである。

1970年代当時の状況を知るときに,民俗学という観点は自分の中になかったので,歴史を取り上げるときの資料としてこの本の存在を知ることができたのはよかった。




まとめ



質的研究による分析で研究をしている本として,参考になる点が多い本だった。

著者のことを調べてみると,研究者が対象のresearchmapに登録されている。

山之内幹 - 研究者 - researchmap http://researchmap.jp/yamanouchimiki/


この本にも掲載されているが,下記の論文は無料で読めるので,質的研究を学ぶにあたって参考になる。

山之内幹(2009)「質的研究による聴覚障害児の日常行動分析と生活指導法の開発」日本教育実践学会『教育実践学研究』第9巻第2号P1-9
http://repository.hyogo-u.ac.jp/dspace/bitstream/10132/15543/1/9-2-1%E5%B1%B1%E4%B9%8B%E5%86%85.pdf

山之内幹(2008)「聾児と教師間の「伝わりにくいこと」についての質的分析」日本教育実践学会『教育実践学研究』第8巻第1号P11-21
http://repository.hyogo-u.ac.jp/dspace/handle/10132/15532






ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

[特別支援教育]特別支援学校の次期学習指導要領パブリックコメント 自立活動の比較



特別支援学校の次期学習指導要領改定案を公表 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H10_X10C17A3CR0000/


文部科学省は17日、特別支援学校の小学部と中学部の次期学習指導要領改定案を公表した。知的障害のある児童生徒の指導については、学習内容に応じて小学部で3つ、中学部で2つに分けた各教科の段階ごとに、身に付ける知識や育成する表現力などの目標を新たに明記した。
(中略)
文科省は改定に当たって、児童生徒が障害の有無にかかわらず一緒に学ぶ「インクルーシブ教育」が進んできていることを踏まえ、小中高校の教育課程との連続性を重視したと説明している。
(中略)
次期指導要領は小学部が2020年度、中学部が21年度に実施予定。


新聞報道で特別支援学校の次期学習指導要領とありましたが,どこで公表されているのか分からなかったです。

探して出てきたのが,youtubeの動画です。



絶対にどこかにあるはずだと思い,検索の結果たどりついたのが,パブリックコメントのページでした。

下記のページには,次期学習指導要領の案がPDFファイルでアップロードされています。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000894&Mode=0

パブリックコメントは4月15日まで受付のようです。


何がどのように変わったのか,ポイントは示されていますが,分かりにくいです。

自立活動


自立活動についてまとめてみました。
自立活動の目標は変わっていませんでしたが,内容が若干変わりました。

次期学習指導要領との比較 自立活動

健康の保持に「(4) 障害の特性の理解と生活環境の調整に関すること。」が追加されました。
環境の把握の「(4) 感覚を総合的に活用した周囲の状況についての把握と状況に応じた行動に関すること。」が若干修正されました。

こちらは解説を見ないと詳しいことがわかりません。
何がどう変わったのか。もう少しじっくり見ていきたいです。









ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

[特別支援教育]平成28年度末にやっておくことリスト



毎年やることなので,何をどのようにしたのかが分かるようにリストを作成し,取り組んでいます。いつもはEvernoteに作成しているのですが,参考になるかもしれませんので,個人的な部分を除いて公開したいと考えています。


掃除


・教室
 ・教室の教卓・ロッカー
 ・書類のシュレッダー
・必要物品と不要物品の整理
 ・自宅持ち帰り
 ・捨てる
・職員室の個人机

今年度末作業


・学級経営簿の作成
・出席簿の記入
・会計簿の記入
・指導要録の作成
・各教科・領域の反省
・校務分掌の反省

引き継ぎ資料の作成


・プロフィール・実態把握表の修正
・個別の指導計画
・個別の教育支援計画
・年間指導計画
 ・修正
 ・次年度案作成
・校務分掌の引き継ぎ資料
 ・紙ファイルの整理
 ・データの整理
・名前シールの作成
 ・机,椅子,ロッカー
 ・教科ごとの紙ファイル用
・授業の実施計画案や指導案
 ・紙ファイルの整理
 ・データ
  ・校内LAN
  ・バックアップ
・写真データの整理
 ・卒業アルバム用に写真を選定
 ・身分証明書用の顔写真
・その他
 ・ゴミ箱作り

子どもの備品整理


・子どもの教科書や次年度に使用するファイルをひもで縛る
・使用できる備品とできない備品の整理
 ・ペンは書けるか,書けないかのチェック
 ・のり・ボンドの補充



ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする