2017年08月20日

[読書][特別支援教育]古川勝也・一木薫(2016)『自立活動の理念と実践〜実態把握から指導目標・内容の設定に至るプロセス〜』ジアース教育新社



なぜこの本を買おうと思ったか


2016年12月21日に中央教育審議会から答申が出されました。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)(中教審第197号)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1380731.htm
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/__icsFiles/afieldfile/2017/01/10/1380902_0.pdf

自立活動については、大きく3つの改善の方向性が示されています。下記にパワーポイントの資料が示されています。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申) 補足資料 (7/8) (PDF:3696KB) PDF
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2017/01/19/1380920_4_7.pdf

改善・充実の方向性として「主体的に改善・克服しようとする取組の充実」「指導目標,具体的な指導内容等の示し方の改善」「評価と指導の一体化の一層推進」が挙げられています。

この「指導目標,具体的な指導内容等の示し方の改善」では,「実態把握,指導目標の設定,項目の選定,具体的な指導内容の設定までのプロセスをつなぐポイントをわかりやすく記述」することが指摘されています。

本の副題には「実態把握から指導目標・内容の設定に至るプロセス」とあり,まさしくこの課題について応えようとするものです。

自立活動の授業づくりについては、答申においても、その重要性が指摘されており、まだまだ深めなければいけません。

特に、知的障害における自立活動の時間における指導のあり方について,自分自身の実践を見直し,今後の授業づくりに生かしたいと考えて,本書を読みました。

どんな本?



本書は,自立活動の歴史的経緯や現状をふまえた上で,実態把握から指導目標・内容の設定にいたるまでのプロセスとして「付箋紙を使用して課題を抽出すること」,「課題関連図を作成して指導の仮説を設定すること」,「指導目標を達成するために必要な内容の選定と指導内容の選定」を提案し,20事例の解説をしています。


第1章 自立活動とは―理念及び実践上の課題
第2章 自立活動の授業づくり
第3章 事例で理解を深める個々の実態に応じた指導目標・内容の設定
第4章 自立活動の力量形成を図る「学びの場」


特別支援学校学習指導要領解説自立活動編には,実態把握から指導目標・内容の設定に至るまでのプロセスが1枚にまとまるようにシートの例が記載されています。



本書の特徴としては,実態把握から指導目標までの過程をさらに詳細に分析していきます。

課題関連図は,自立活動の6つの区分(健康の保持,心理的な安定,人間関係の形成,環境の把握,身体の動き,コミュニケーション)から実態を付箋紙に書き出し,「原因と結果」「相互に関連しあう」関連性を見出し,矢印でつないでいきます。

視覚化することで情報を共有し,指導仮説・指導目標を検討につなげていきます。

また本書には,自立活動のチェックリストが添付されています。
共通のフォーマットで経年変化が分かるものなので,参考になります。肢体不自由の学校のチェックリストなので,知的障害の場合には,また少し条件が異なってくると考えられます。


おわりに


事例が豊富で,「実態把握から指導目標・内容の・内容設定に至る設定に至るプロセス」として参考になる点が多いです。ここで紹介されているのは,一人で全部を抱え込んで行うものではなく,組織で取り組むものとされています。

自立活動の指導について迷う教師は多いと思います。こうしたやり方があることが分かれば,指導の参考になるでしょう。

課題関連図は,日本特殊教育学会の長崎自立活動研究会の先生の発表で見たことがありましたが,こうしてまとまったものをみたときに,なぜか,ザゴール2のことが連想されました。
ザゴール2ではツリーにして整理していましたが,中心的な課題を見つけるプロセスとしてはたしかに共通しているのかもしれません。





[読書][特別支援教育]徳永豊編著(2014)『障害の重い子どもの目標設定ガイド授業における「学習到達度チェックリスト」の活用』慶応義塾大学出版社: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/422484029.html

[特別支援教育]学習評価が注目されるようになった流れを整理してみた: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/438344816.html

[特別支援教育]20160917日本特殊教育学会1日目ポスター発表: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/442249285.html

[読書][特別支援教育]新井英靖・佐藤まゆみ(2014)『<特別支援教育> 1から始める自立活動 コミュニケーション力を育てる授業づくり』明治図書: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/414229491.html

【特別支援教育】障害の重い子どもの自立活動の文献紹介: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/283210993.html




ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 07:00 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

[ブログ]『知的生産技術大全』の現代的意義試案 – R-styleを読んで



『知的生産技術大全』の現代的意義試案 – R-style https://rashita.net/blog/?p=22714

『アイデア大全』から派生し,『知的生産技術大全』という本を仮に書くとしたら,そこにはどのような現代的意義があるのか?ということが書かれています。



そこで「情報を扱う技術」という言葉が出てきました。
現代における知的生産を象徴した言葉の定義になっていると思います。

「情報を扱う技術」とは具体的に何だろうと思って考えてみました。

「情報を扱う技術」と定義したときに、「情報」にはアイデア、タスク、スケジュール、時間管理、プロジェクト管理、目標、ライフログ、習慣、読書などたくさんあります。

何か一つのことを学びたい・深めたいとするのも、「情報」になります。

写真・動画・イラスト・絵・アニメ・マンガなどは視覚情報になりますし、音・声・音楽などは聴覚情報になります。


「扱う技術」についても,管理するという意味でもとれますし、input〜outputまでの工程ともとれます。
使用するアプリやソフトウェア、環境さえも扱う技術になります。

ブログ記事には「読む・書く・考える」とありましたが,さらに比較する,分析する,評価する,関連づける拡大・縮小する,解釈するのように細分化することもできそうです。


パッと思いつく限りでもこれだけあります。考えればもっとたくさん出てくるでしょう。

この中の一つ一つが独立して本になっているような内容なので,どうなってしまうのだろう。

ブログ記事にもありましたが,対象読者をどこに設定するのかが気になります。

とりあえず,確かにいえることは,こんな本があったら絶対に買ってしまうということです。


まずは,積ん読中の『アイデア大全』を読まなければと思ってます。










ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 07:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

[雑記]ひとぅブログさんのプレゼント企画でSoundPEATS Q16が当たりました。




【プレゼント】SoundPEATS×ひとぅブログ 完全ケーブルレスイヤホンSoundPEATS Q16 を【6名様】にプレゼント! | ひとぅブログ https://hitoxu.com/05011

ありがとうございます。
Bluetoothのワイヤレスイヤホンです。

ひとぅさんのレビューでは説明書が英語表記とありましたが,頂いたプレゼントの方では,日本語表記になっていました。

iPhoneを使ってペアリングをしましたが,音もクリアに聞こえます。歩いた時の振動で片方からしか受信しないときもありますが,一瞬なのでそれほど違和感はありません。これはワイヤレスだから仕方ないです。

最近,運動不足解消のために,30分以上のウォーキングを取り入れています。
そのときに,有効活用したいと思っています。
コードがあると引っかかってしまうので,困っていたところです。
このプレゼントを有効活用していきたいと考えています。




20170815171712

20170815171813

20170815171828








ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 07:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

[雑記] 170814 ツインリンクもてぎ 花火


夏休みなのに、全く夏らしいことをしていないです。

このままだとズルズル過ごして夏休みも終わってしまいます。

生徒に、夏休みの思い出を聞くときに、先生の思い出のことも話をしなければいけません。
その時に全く夏らしい事していなかったときに困るなと思っていました。

ということから、友人と一緒に花火に行ってきました。

ツインリンク茂木での花火大会です。
今回で2回目の参加です。

音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典 20周年アニバーサリースペシャル|ツインリンクもてぎ http://www.twinring.jp/fireworks/

当初は、天候が心配されましたが、無事に出来ました。途中小雨がパラパラ降る程度でした。

ツインリンク茂木という広い場所で、壮大な音楽を聴きながら観る花火はよかったです。


花火の魅力って何か?
夏を感じることのできる文化ということがいえるかなと思います。
子ども・大人も観て楽しむことができます。
暗い中に,打ち上げられる光とドーンという音,振動の体感。

スヌーズレンについて授業をやろうと思っていたので,光と音について考えさせられました。


[読書]河本佳子(2016)『スヌーズレンを利用しよう!資格がなくても簡単にできる』新評論 : pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/452055500.html










ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 05:15 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

[雑記]2017年7月に更新した全カテゴリー記事まとめ



4記事の更新でした。
特別支援教育2記事
読書1記事
雑記1記事

8月は時間がとれそうなので,更新頻度を増やしていきたいです。


<特別支援教育>2記事


[特別支援教育]170729 魔法の言葉の東京セミナーの資料が公開されました。: pmastyle
http://pmastyle.seesaa.net/article/452224318.html

[特別支援教育]とある施設が主催する研修会に参加して: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/452264492.html

<読書>1記事


[読書]河本佳子(2016)『スヌーズレンを利用しよう!資格がなくても簡単にできる』新評論 : pmastyle
http://pmastyle.seesaa.net/article/452055500.html


<雑記>1記事


[雑記]2017年6月に更新した全カテゴリー記事まとめ: pmastyle http://pmastyle.seesaa.net/article/452055474.html

ブログランキングに参加しています。お手数ですが1クリックして頂きますようお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
特別支援教育 ブログランキングへ
follow us in feedly
posted by pmastyle at 23:50 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする